NTT DATA  Global IT Innovator

株式会社NTTデータ九州

intra-mart ワークフロー

企業ニーズを網羅した完成度の高いワークフロー

製品・サービス概要

■intra-martは、「ワークフロー市場」分野において、10年連続第1位の実績です。

intra-martのワークフローは長年に渡り、お客様のご要望を反映しながら機能改良を重ね、企業が求める多様なニーズを網羅した完成度の高いワークフローを完成させました。
ワークフロー単体の他製品とは違い、intra-martのワークフローは申請承認処理以外の幅広い業務プロセス処理、既存システム連携にも対応し、グローバル含めた全社規模の統一基盤としてご利用いただくことができます。



■システム共通基盤型ワークフロー

intra-martのワークフローは単体の製品ではなく、このプラットフォーム(システム共通基盤)の一つの機能として標準でご準備しています。アクセス権限、ポータル、モバイル対応などフレームワーク化された「システム共通基盤型ワークフロー」であり、他システムとの連携のほか、全社利用から個別業務のフローまで、幅広い活用が可能です。

intra-martは、5,300社を超える導入実績をベースに長年に渡って機能強化を重ね、企業ニーズを網羅した完成度の高いワークフローをご提供します。

システムやプラットフォームごとに乱立しやすいワークフローの統制には、「システム共通基盤」の導入が最適です!


10年連続シェアNo.1

この製品に適している業種

製品関連キーワード

intra-mart ワークフローの特徴

■高機能、高柔軟性!

ワークフローのルートや画面、ルールなどのコンテンツを独立して管理できます。
日本式の稟議、合議、回覧、差戻し、承認者が動的に変わるフロー、「人」だけではなく組織や役職で権限を割り当てるフローといった、従来のワークフローではカスタマイズが必要となるフローも、intra-martなら簡単に実現します。
証跡の取得や権限分掌など、内部統制で必要とされる機能も充実しています。

■他システム連携

intra-martのワークフローは、SOA型ワークフローです。各種オープンソースソフトウェア(OSS)を組み込んだ基盤のため、他システムと容易に繋がる仕組みを持っています。単体での利用はもちろん、ワークフローエンジンとしても利用いただけます。また、既存システム等の外部システムの画面から内容を引き継いでワークフローと連携させたり、ERP等へのデータ入力前にワークフローで統制を効かせたデータを投入したりすることもできます。

■簡易画面開発

ワークフローの申請帳票やweb画面フォームを、ブラウザ上の簡単な操作のみで作成できるツール(IM-FormaDesigner)をご準備しています。
この画面作成ツールも多言語対応していますので、ワークフローとの連携によって海外とつなぐフロー画面も作成できます。

■モバイル・グローバル対応

intra-martのモバイル活用に有効なワークフローの閲覧や承認機能などを、新たな開発をすることなく利用できます。
PC端末と同様に、モバイル端末のOSやバージョンの違いを吸収したり、セキュリティ上端末に何も入れないというポリシーを継承したり、ブラウザによる動作を基本としています。

日本語・英語・中国語(簡体字)に対応。
タイムゾーンにも対応しているので、利用ユーザ毎に合わせて日時を設定できます。



お問い合わせ・お申込み窓口
法人ビジネス部 営業担当 山中 古井
TEL:092-475-5164
MAIL:houjin-eigyou@hml.nttdata-kyushu.co.jp