NTT DATA  Global IT Innovator

株式会社NTTデータ九州

intra-mart

ウェブシステムの開発効率を大幅に向上させる統合型フレームワーク

製品・サービス概要

ウェブシステムの開発手法は、従来のスクラッチ開発から、コンポーネントやオープンソースソフトウェアの組み合わせ利用型へと変化しています。

intra-martのフレームワークを利用することで、複雑なウェブアプリケーション開発を容易に、短期間で実現するとともに、ビジネス変化にも柔軟に対応できる保守性の高いウェブシステムを構築することができます。

intra-martは、株式会社NTTデータイントラマートの登録商標です。

この製品に適している業種

製品関連キーワード

製品サイト

主な特徴

特長1
オープンで高い開発生産性を実現するフレームワーク
特長2
ビジネスの変化に柔軟に対応できるSOAシステム構築基盤
特長3
カスタマイズ容易なビジネスアプリケーションシリーズ
  • ASP型アプリケーション構築
  • 多言語機能
  • 圧倒的な低価格
  • オープンソース製品の一元サポート など

1.高い開発生産性を実現する統合型フレームワーク

日本企業の商習慣に適合したワークフローをはじめとして、ウェブシステムの開発において必要な各種機能をコンポーネント化し、豊富に標準装備しています。またOSSを積極的に採用した製品開発を行うことで、オープン化と低価格化を推進しています。OSSの利用により削減できた開発コストを製品ライセンスに還元することで、他社製品の1/5~1/10の低価格を実現しています。さらにintra-mart製品もソースコードが公開されています。

2.ビジネスの変化に柔軟に対応できるSOAシステム構築基盤

コンポーネントにはフロント統合のためのポータル/シングルサインオンから、バックエンド統合のためのESB/ERP連携モジュール、さらにはビジネスプロセス統合のためのBPM(ビジネスプロセスマネジメント)まで、SOAを構築していくための機能が多数提供されています。

3.カスタマイズ容易なBusinessアプリケーションシリーズ

フレームワーク上で稼動する、グループウェアや販売管理システムなどの各種業務アプリケーションがラインナップされています。日本企業の商習慣に適合しており、ソースコードが公開されているためさらに業種や業務内容に合わせて自由にカスタマイズすることが可能です。

システムの概要

高い生産性を実現する統合型フレームワーク

統合型フレームワークは、さまざまなJava業務コンポーネント(im-BizAPI)と、JavaEEフレームワーク(im-JavaEE Framework)から構成されています。さらにJavaEE開発モデルとスクリプト開発モデルを併用できるため、ウェブシステム開発の敷居を大きく下げることができます。

フレームワークイメージ

Im-BizAPIの標準機能

ユーザーインタフェース層
画面共通モジュール
ウェブベースでのGUI開発でよく利用される画面部品のモジュール(スプレッドシート、入力チェック、ポップアップ、タブなどのタグライブラリ)です。
帳票印刷モジュール
エクステンションモジュールとして「IM-PDFデザイナー」「IM-X Server」を用意しています。PDFを採用することにより、よる複雑な帳票形式への対応が可能となります。
グラフ描画モジュール
数値データをグラフ化してHTMLに埋め込み表示することができます。
ビジネスロジック層
アプリケーション共通モジュール
各アプリケーション開発に必要な処理ロジックのモジュール(セッション管理やDBアクセス、XMLアクセスなど)が、使いやすくオブジェクト化されて提供されます。これらオブジェクトをアプリケーションロジックに組み込んで編集していくことで、余計なロジックの作りこみなしに複雑なウェブシステムの開発を短期間で行なうことが可能となります。
メール連携モジュール
他のSMTP互換のメールサーバーと連携したアプリケーションを簡単に構築することができます。
外部ソフトウェア連携モジュール
市販のソフトウェアや外部システムなどから、Im-BizAPIの各種公開APIをウェブサービスにより呼び出して、直接連携・接続できるモジュールです。
業務基盤ツール
アクセスセキュリティモジュール
ログインするユーザーの認証機能はもちろん、ユーザーに応じてコンテンツのアクセス制御を行なうことが可能です。ユーザー認証はLDAPとの連携も可能です。
ポータルモジュール
会社単位での企業ポータルから、個人単位の企業ポータルへとステップを踏んだ効果的なポータルサイトを実現し、経営スピードを大幅にアップします。またintra-martアプリケーションシリーズの必要情報をポータル上に設定できます。
ワークフローモジュール
ウェブベースでの多階層の電子承認ワークフローが構築できます。条件分岐や結合など、日本の商習慣に柔軟に対応した、複雑なワークフローの構築も可能です。
BPM (Business Process Management)
業務プロセスの可視化、連携を実現します。業務フローの定義・実行ツールとリスクコントロールマトリクス(RCM)図の作成機能を提供します。
バッチ管理モジュール
バッチ設定画面から、バッチ指定したいスクリプトやServletを選択し、起動したい日時やエラー時の対処方法などの条件を設定していきます。
ViewCreatorモジュール
既存データベースから参照画面やレポートを自動生成するツールです。SQL文を記述することなく、テーブル内のデータを取り出して参照する画面が設定するだけで簡単に作成できます。
ユニット層
アプリケーション共通マスター
会社/組織マスター、グループマスター、取引先マスター、顧客マスター、商品マスターなど、システム開発でよく利用するマスターおよびマスターメンテ画面データインポート/エクスポート機能を標準装備。各intra-martアプリケーションシリーズはこれらマスターを共通的に利用しているため、各アプリケーションと連携したシステムの開発が可能です。また、基幹システムとのバッチ連携も可能です。

Im-BizAPIのエクステンションモジュール群(オプション)

帳票印刷モジュール拡張
IM-PDFデザイナー
エクステンションモジュールとして「IM-PDFデザイナー」を用意しています。PDFを採用することにより、より複雑な帳票形式への対応が可能となります。
IM-X Server(総合帳票機能)
「IM-X Server」を利用することにより、ウェブ帳票の電子化(PDF/XML)やサーバー大量印刷、FAX/Mail送信までトータル的な帳票の課題を解決することができます。
アクセスセキュリティモジュール拡張
IM-SecureSignOn(シングルサインオン)
「IM-SecureSignOn」に一度ログインするだけで、社内ウェブシステムのすべての認証が完了します。
IM-SecureBlocker(情報漏洩対策)
外部からの不正な攻撃(SQLインジェクション、クロスサイドスクリプティングなど)を防御できます。
ワークフローモジュール拡張
IM-EX申請システム
  • Excelを申請画面、入力画面としてウェブ化。Excelをベースにした申請ワークフローを設定のみ、ノンプログラミングで設定可能です。
  • 書式設定やマクロはExcelの機能そのまま利用、入力チェックも可能。
  • 入力した情報はデータベースの指定のテーブルに保存可能。
IM-SonicESB
「IM-SonicESB」は、企業内に分散している複数の既存システムを連携するバックエンド統合プラットフォーム(ESB)です。システム間のデータの一貫性を保証する機能も充実しており、ウェブサービス同士を高信頼に連携させるアプリケーションを容易に開発することが可能です。
ビジネスロジック層拡張
IM-ERPリアルコネクト
SPA JCo技術を利用し、SAP APiをライブラリ化しました。標準のJava技術を用いて、アドオン開発を低コストで行なえます。

ビジネスの変化に柔軟に対応できるSOAシステム構築基盤

intra-martは、ERPや汎用機などの基幹システムと密接に連携したウェブフロントシステムの共通構築基盤として、さまざまなシステム統合のための機能を用意しています。これにより、企業のコアコンピタンスとなる独自のビジネスプロセスを、既存システムを活かしながら短期間で構築することができます。

システムイメージ

カスタマイズ容易なBusinessアプリケーションシリーズ

イントラネット・ソリューション

イントラネットスタートパック

会社規模利用が可能なSOA対応グループウェア次世代型コラボレーションを実現

  • 「イントラネットスタートパックは、掲示板やスケジュール管理、ドキュメント管理などの機能を提供するグループウェアです。チームコラボレーション(SNS)機能が充実しているため、組織を横断しての社内コミュニティ内での情報共有が可能です。社内のみならず、社外のメンバとのコラボレーションも可能です。
  • 掲示板やスケジュールなどの各グループウェア機能をウェブサービスとして提供しており、他システムから呼び出して実行させることができるSOAの仕組みを実現させることができます。このような構造にすることで、カスタマイズ性が大きく向上します。
  • マトリックス型情報共有
    マトリックス型情報共有イメージ
  • Ajaxにより高操作性を実現
    高操作性イメージ
文書管理システム

【ISO版】ウェブベースのワークフロー(電子承認)機能が確実な文書管理をサポート

「文書管理システム」は、ワークフローベースの文書管理に対応しています。文書の最新版、旧版、廃止、そして配布に至るまでの承認処理をウェブベースのワークフロー(電子承認)機能で確実に管理できます。また、最新検索、旧版検索、キーワード検索などの豊富な検索機能が運用をサポートします。

【QuickBinder版】

文書毎のアクセス権設定や、ログの参照機能など、柔軟で強固なセキュリティ機能を有した汎用的な文書管理システムです。intra-martのワークフローと連携することで内部統制対応を意識した運用も可能。さらに、全文検索や自動登録、複合機連携など、ユーザーのニーズに合わせたオプションも充実しています。

システムイメージ
プロジェクト原価管理システム

平成21年4月から建設業・ソフトウェアの開発業で適用される工事進行基準への対応にも効果あり

複数プロジェクトに対し、プロジェクトごとの原価やリソース、進捗状況を管理できます。確定した計画コストと実績の厳密な管理が可能です。さらに、プロジェクト工程については、MicrosoftProjectなどと容易に連携ができ、ウェブによりメンバー間での情報共有を実現します。

システムイメージ

CRMソリューション

販売管理システム

見積から請求までの販売関連の全業務の完全ウェブ化、JavaEE化を実現

見積から請求、在庫管理などなどの販売業務に関わるすべての機能を標準装備しています。販売関連業務のウェブ化を実現することにより、これらの機能を社内外に広く公開し、業務効率を大幅に向上させることが可能になります。

システムイメージ
営業支援システム

営業生産性の壁をブレークスルー!イントラネット上で「営業革新」を強力に推進

現場での利用しやすさに重点をおいたボトムアップ型の営業活動管理と、営業プロセス管理や多種レポート分析機能などによる高度なSFA/CRM機能との連携を実現することで、営業担当者の負担を最小限にしながらもハイレベルな営業支援システムへと段階的に成長させていくことが可能です。これらの段階的なアプローチにより、スモールスタートによる迅速な立ち上げも可能です。

システムイメージ
システムイメージ

その他の特長

ASP型アプリケーションの構築
ひとつのアプリケーションを複数の会社で共同利用するようなASP型(マルチシェア型)のアプリケーション構築が可能です。
多言語機能も提供
ログインユーザー毎に言語の切替が可能。海外拠点の現地社員との情報共有が容易に実現できます。
  • ※ 多言語機能はオプションです。
圧倒的な低価格
intra-mart WebPlatformは、アプリケーションサーバー+フレームワークとして高度な機能・信頼性を備えているにも関わらず、100万円/CPU(スタンダード)と、他社製品に比べ圧倒的な低価格を実現しています。
  • ※ 価格については別途お問い合わせください。
オープンソース製品も一元サポート
intra-martに標準で組み込まれているオープンソース・ソフトウェア(Resin、Jboss、Seaser2、マスカットなど)もすべてサポートします。

機能概要

intra-mart WebPlatform Ver7.x(下図赤枠)

intra-martフレームワーク(im-JavaEE Framework、im-BizAPI)に加えて、アプリケーションサーバーとして、OSSのResin/JBossが同梱されています。別途他社のAPサーバーを購入する必要がありません。

intra-mart APPFramework Ver7.x(下図緑枠)

上記WebPlatformと同等製品ですが、OSSのアプリケーションサーバーのResin/JBossが含まれておりません。他社のAPサーバー上(WebSphere、WebLogic、WebOTXなど)で、フレームワークとしてご利用いただくことが可能です。

動作環境

サポートOS(サーバー) Solaris、Windows、Linux、HP-UX、AIX 他
対応WWWサーバー IIS、Apache、その他(intra-martベースモジュールに含まれているintra-mart HTTP Serverも利用可能)
対応RDB Oracle、SQL Server、DB2、PostgreSQL 他
対応APサーバー WebSphere、WebLogic、WebOTX、JBoss、Resin
  • ※ 詳細はお問い合わせください。上記仕様は変更になる場合があります。