NTT DATA  Global IT Innovator

株式会社NTTデータ九州

在宅医療用対話ロボットの共同開発を発表

2018年10月17日 実績紹介

 株式会社NTTデータ九州(以下、NTTデータ九州)は株式会社ワーコン(以下、ワーコン)、株式会社NTTドコモ九州支社(以下、NTTドコモ)、株式会社MJI(以下、MJI)の3社と連携して、在宅医療用対話ロボットの開発に取り組むことを、共同で発表致しました。
 対話による問診とバイタル測定が連動するロボットとしては日本初※1となります。
 在宅医療用対話ロボットは、MJIが開発するコミュニケーションロボットに、NTTドコモが提供するAIエージェント基盤Speak ※2、およびSymphony ※3を接続し、在宅介護分野で実績のあるワーコンの遠隔サポートに関するノウハウを搭載するAIロボットです。
 NTTデータ九州は、今回の開発におけるプロジェクトマネージメントおよびAIエージェント基盤上で稼働する自然対話エンジンを活用した、ワーコン独自の問診や会話などのコミュニケーション機能を担います。
 弊社は、これからの日本において急速に進行する少子高齢化社会が抱える社会保障費の増大や労働人口減少などの課題に対する、有効な仕組みと捉え参画致しております。 これからも誰もが使いやすい、社会に貢献できるテクノロジーを皆様のご意見を参考にしながらご提供し続けて参ります。

※1 2018ワーコン調べ
※2 AIエージェント基盤は、先読みエンジン(Sense)と多目的対話エンジン(Speak)、および IoTアクセス制御エンジン(Symphony)から構成されており、先読みエンジン(Sense)と多目的対話エンジン(Speak)はNTTグループのAI「corevoR*4」のひとつとなります。
※3 「corevo©」は、日本電信電話株式会社の登録商標です。(http://www.ntt.co.jp/corevo/)

関連リンク:
 ニュースリリース

【本件問い合わせ先】
 経営企画部 新規事業推進室
 土橋・中山
 TEL:092-475-5106